山口県で天然温泉のある保養施設、そうづ峡温泉
本文へ移動

新湯治は『温泉地に滞在する』健康法

これからは「温泉に入る」から「温泉地に滞在する」がベストな健康法

現代人の4人に1人が「健康でない」と感じています。(日本人の「健康観」調査より)

普段健康だと感じているか?調査結果グラフ
健康調査の内容のグラフ
現代人の4人に1人が『健康でない』と感じているという調査結果は、すでに数年前の調査結果です。
それから今、どれだけ健康度が上がっているのでしょうか。
 
答えは『さらに健康でなくなってきている』ではないでしょうか。
 
でも時代は、高年齢化が進み、どんなに子供世代に頼ろうとしても頼り切れない現実もまた、迫ってきています。
 
そして何よりも、健康で長生きができることの幸せと、対して病気がちで入退院を繰り返す老後を想像してみると、健康に生きることの幸せを選択せずにはいられません。
 
 

薬やサプリメントはその場しのぎの対処法

薬のイメージ
薬やサプリメントでは、その場しのぎの改善はできても、本来の健康状態には至れません。
 
そして「本来の健康状態」とは―。
心もカラダも良好な状態のことなのです。
 
サプリメントは、症状の緩和や、一時的な痛みなどを抑えるモノ。
本来の健康とは、その症状の原因となる根本に目を向けて、心とカラダ全体を健康へと整えてゆくことで、実現されるのです。
 
 

温泉地で2日以上滞在の「転地療法」は、QOL(クオリティーオブライフ)を向上させる

温泉地滞在のストレス調査グラフ
温泉地滞在後の心身の変化への調査『新・湯治』(環境省)
温泉地滞在後の調査の内容(環境省)
具体的な温泉地滞在後調査の内容『新・湯治』(環境省)
 
 
2006年、箱根の強羅温泉で5,000人を対象
温泉に入ることで、どのような変化がカラダに起きるのか?
の研究で、ほとんどの人が温泉地で2泊以上過ごすことで
■カラダの痛み
■睡眠の質
■食欲
■疲れ
が改善されたとの報告があります。
 
つまり、QOL(クオリティーオブライフ)が向上したということです。
※QOL→クオリティーオブライフ【毎日が充実し、心身ともに満たされた状態】
 
5,000人の強羅温泉でのこの研究から分かること
2泊以上の湯治でQOL(クオリティーオブライフ)
生活の質の向上が可能になると言えます
 
 
有限会社雙津峡開発
〒740-0812
山口県岩国市錦町深川3132
TEL.0827-73-0236
FAX.0827-73-0150
TOPへ戻る
山口県、免疫力アップ温泉、天然ラジウム温泉、源泉掛け流し、はたらく人の保養そうづ峡温泉